青髭 抜く 副作用

青髭って毛抜きで抜くとヤバい?要注意の理由と副作用

青髭を毛抜きで自己処理すると、様々な肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。

 

毛抜きで無理に抜く副作用としては、埋没毛があります。無理に引っ張ることで髭が切れてしまいます。

 

毛穴の中に残った髭が外に出る前に皮膚がふさがってしまうため髭が皮膚の中に残ってしまうのです。炎症を起こしてしまうなどのトラブルの原因となることがあります。

 

青髭を抜くと副作用

毛穴を傷つけてしまうことで起こる毛嚢炎も副作用です。毛抜きで無理に抜こうとすることで傷がついてしまい細菌によって炎症を起こしてしまったり、ひどくなると化膿してしまい赤く腫れたり膿がたまるなどという事もあります。

 

無理に毛穴を引っ張ることが原因で毛穴が広がってしまい目立つようになることもあります。埋没毛や毛嚢炎などにより色素沈着を起こしてしまう事もあり肌が黒ずんでしまうことも副作用の一つです。

 

毛抜きで無理に抜くという事はとても肌に負担がかかっているのです。特に毛抜きを毎回消毒をして使うなどという事をしないと毛抜きに菌などがついてしまうなどというリスクもあるのでトラブルを起こしやすくなります。

 

抜いた後は乾燥しやすくなるので保湿をしっかりしないとさらに外的刺激を受けやすくなってしまいます。