深剃り 肌

深剃りは気持ちいいけど肌が傷つく?数年後に肌が激変?

深剃りと肌

男性なら毎日欠かすことができないのが髭の手入れです。髭はT字カミソリやシェーバーなどで剃る人が多いと思いますが、髭を剃る際に深剃りをしている人も多いと思います。

 

深剃りは確かに気持ちいいですが、肌へのダメージもあることはご存知ですか?今回は、深剃りのデメリット・肌へのダメージについて説明します。

 

深剃りは髭を根元から剃り、目立たなくすることを目的として行われます。深く剃るためには刃を直接当てなくてはいけないので、普通のシェービングよりも肌へのダメージは大きくなります

 

ダメージが大きくなると、それが原因で肌荒れや乾燥が起きたり、ニキビができやすくなるなどの肌質の変化・老化などの原因となります。

 

また、深く剃るためには何度も刃を当てる必要があり、そのこともダメージに繋がります。そのため、毎日深剃りを繰り返していると数年後には肌が激変していた、ということになりかねません。

 

肌へのダメージを防ぐためには、髭を剃る前には蒸しタオルなどを顔にかぶせ、熱の力で髭を柔らかくしてから剃ること、毛流れを見てできるだけ順剃りをし、逆剃りはできるだけ避けること、髭剃りの後には保湿などのアフターケアをすることが重要です。